読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双葉のしおり

読んだ本の感想と紹介をするブログです

レイ・ブラッドベリ『火星年代記』

数年前までSFというジャンルには全く興味がなく、触れることもなかった。
SFというと、宇宙戦争だったり、エイリアンだったり、ともかくそういう大味でやたらとサイエンティフィックなものだというイメージしかなかった。
食わず嫌いが直ったきっかけは『百億の昼と千億の夜』を読んだことだった。
阿修羅王というキャラクターの存在が兎にも角にも衝撃的で、なぜ今まで忌避していたのだろうと後悔したものだった。


SFとの出会いはここまでにして、『火星年代記』である。
長編という括りにはなっているようだが、短編連作といった印象に近い。
地球からの探検隊が火星に初めて着いた時代から、年代順にさまざまな人々の物語が並べられている。

作中で火星に最初の探検隊が到着したのが1999年、最後の物語が2026年のできごとである。
1990年から2005年までは毎年何かしらの物語があるが、2005年から2026年の間はない。
つまりほとんどの物語は今の時代よりも過去に位置していることになる。
(ちなみに『火星年代記』が著されたのは1950年)

読み手の年代と作中未来像のギャップは、この手の近未来モノ(かつ、時代が西暦で明記されているもの)では避けられない運命だ。
名作であればあるほど後世に残り、ギャップはどうしても広がっていく。
作中に描かれるような人間の業はたかが50年とちょっとで変わるものではないから、テーマ自体が色褪せることはない。
けれど、どうしても年代が出てくるとそこで現実に引き戻されてしまう自分がいる……少し悲しい。

もう一つ、違和感を抱いたのは火星に移住した人類の発展の速さだ。
移住が始まって4年ほどで火星の各地に街ができ、人が暮らしている……いくら火星に簡単に行けるほど科学技術が発達していたとしても、早すぎやしないだろうかと思う。

だがブラッドベリがアメリカの作家だと考慮すれば、分からなくもない話かもしれない。
二次大戦頃のニューヨークの写真を見たことがあるだろうか。
その次代の日本はといえばせいぜい数階建ての建物が並んでいる程度であるのに、ニューヨークには既に高層ビルが立ち並んでいたというではないか。
火星年代記』が著されたのは冷戦の時代を迎えてからではあるが、それでもアメリカはずっとずっと豊かだっただろう。
そもそもアメリカという国の成り立ち急激なものだ。
火星に作られた地球人の町が恐るべきスピードで発展してゆくと想像してもおかしくないかもしれない。