読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双葉のしおり

読んだ本の感想と紹介をするブログです

川村元気『世界から猫が消えたなら』

家猫は古代より鼠から穀物を守るという役割を果たしてきた。
そんな家猫が世界にいなかったとしたら、私達の社会はどうなっていたのだろうか――



――という本ではない。

表紙も題も猫なものだから、てっきり猫が重要なのかと思っていたが、そうではなかったようだ。
確かに猫の存在は物語上重要ではあるが、別に猫である必要はない。
たぶん犬でもロボットでもやろうと思えば問題ない、と思う。
猫は家族の一員であり、主人公の過去に触れるための鍵として登場する。

だから猫好きの人が猫の話だと思って読むと、期待はずれとなるかもしれない。


本屋大賞にノミネートされた本だけあって、読みやすく共感できる良い作品だった。
会話も多く、軽い読書には向いていると思う。

個人的にはもっとボリュームのある本の方が好み。