読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双葉のしおり

読んだ本の感想と紹介をするブログです

東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

読み終わってまず、「良く書けている本だなぁ」と思った。

大人気作家の作品に対して「良く書けている」なんて偉そうかもしれないが、そう感じたのだから仕方ない。

 

悪人だった者がある出来事によって改心する、という題材そのものに目新しさはない。

しかし一見短編集とも読める話にしっかりとした伏線が無駄なく貼られ、結末に向かってまとまっていく様は見事だと感心してしまう。

馴染みやすい題材のおかげで読みやすく、感情移入も行いやすい。

小説家を目指す人はこれを手本にしても良いのではないかと思うぐらいだ。

 

一つ気になる所を上げるとすれば、この本のタイトルだろうか。

確かに「奇跡」の起こる話には違いないが、それをそのまま題にするのは些か安っぽすぎやしないだろうか。

それも含めて、この本のわかりやすさと言えるのかもしれないが。