双葉のしおり

読んだ本の感想と紹介をするブログです

小説

伊坂幸太郎『重力ピエロ』/万城目学『鴨川ホルモー』

伊坂幸太郎『重力ピエロ』 話自体は面白いのだけれど、最初から遺伝子推しだったお陰で謎解きとしてはちょっと物足りない感じだった。 主人公と一緒に謎解きをするスタンスで読まなければ大丈夫そう。 万城目学『鴨川ホルモー』 京都の地理に馴染みのある人…

小池真理子『妻の女友達』/吉田修一『パレード』

小池真理子『妻の女友達』 内容とはあまり関係ないけれど、1995年ってこんなに昔だったっけと思えてならなかった。 レトロというよりバブリーな雰囲気がまだ残っている印象。 吉田修一『パレード』 解説にあるように、読む毎に印象の変わる話だと思う。 3回…

小池真理子『ひるの幻 夜の夢』 / 浅田次郎『月下の恋人』

小池真理子『ひるの幻 夜の夢』 中年というよりも老人に一歩踏み込んだ男女の日常と色恋。 話の内容そのものよりも、やたら裕福な小説家だったり妾だったり、はたまたお飾りの会長だったり、高等遊民に限りなく近い人々ばかり登場するのが気になってしまった…

矢月秀作『もぐら』

ライトノベルから恋愛とファンタジーと若さを引いて暴力をぶち込んだような作品。 舞台は現代だし主人公は刑事をやめたおっさんだけれど、悪党をバッサバッサを倒していく様は爽快感がある……と思う。 喧嘩も強いし、元刑事の知識や人脈も使えるというポジシ…

道尾秀介『月と蟹』

ヤドカリを神様に見立ててライターで焼き殺すというのはいかにも呪術じみている。 「神様」に対する願い事も、嫌な奴を不幸にしてほしいとかお金がほしいだとか、(最初は)全く大したことのない願いばかり。 小さな生物をなぶり殺しにしておきながら、罪悪…

奥田英朗『イン・ザ・プール』『空中ブランコ』

数年前に「空中ブランコ」のタイトルで深夜アニメにもなっていた作品。 肝心の本編は色々あって見られなかったのだが、やたらビビッドな雰囲気のビジュアルだったのを覚えている。 本来デブで老け顔の伊良部が美少年だったり美少年だったりしていたようだが…

沼田まほかる『痺れる』 / 桜木紫乃『ホテルローヤル』 / 時雨沢恵一『キノの旅 19』

短いのでまとめて3冊 沼田まほかる『痺れる』 ホラーだろうか、サスペンスだろうか。 不気味な雰囲気のある短編集。ドキドキするような恐怖ではなく、どこか不安感を覚えるような話が続く。 桜木紫乃『ホテルローヤル』 一件のラブホテルを舞台とした短編連…

レイ・ブラッドベリ『華氏451度』

いわゆる「ディストピアもの」である。ひとつ前の記事にある『火星年代記』は非常に読みやすい物語だったが、こちらはそれとは真逆に非常に読みづらい作品だった。 『華氏451度』を読もうと思ったきっかけは、『鏡の中の言葉』の訳者あとがきの中でこの2冊が…

レイ・ブラッドベリ『火星年代記』

数年前までSFというジャンルには全く興味がなく、触れることもなかった。 SFというと、宇宙戦争だったり、エイリアンだったり、ともかくそういう大味でやたらとサイエンティフィックなものだというイメージしかなかった。 食わず嫌いが直ったきっかけは『百…

ハンス・ベンマン『鏡の中の言葉』

引き続きハンス・ベンマンの作品。随所に寓話の挿入されるファンタジー。 メルヘンを寓話と訳すことについては賛否両論あろうが、『鏡の中の言葉』においてはかなり教訓的な内容のものが多いので、今回に限っては「寓話」で問題無いだろう。実際の雰囲気とし…

ハンス・ベンマン『石と笛』

文庫は1、2、3上下の全4巻。 原語での出版は1983年、日本での単行本は1993年。それぞれの巻がそれなりに厚く、かなりのボリューム。ジャンルとしては「ファンタジー」と説明するのが無難であるように思う。 作者は『石と笛』はメルヘンでありファンタジーで…

筒井康隆『旅のラゴス』

オススメの本を紹介するblogか何かで見かけて購入した本だ。 巻末の解説を見る限りジャンルはSFなのだが、印象としてはファンタジーに近い。 主人公のラゴスは目的を持って、故郷を出て、目的を果たし、そして帰ってくる。 その世界には、テレポート等の不思…

中島京子『小さいおうち』

ある一家に使えた女中の回想録。映画は見てないですし、絵本の方の「ちいさいおうち」の内容はよく覚えてない。 たぶん昔絵本の方は見たことある……はず。 回想の合間に挟まれる現在のタキがあまりにもそれらしい雰囲気だったので、てっきり作者もそれぐらい…

サン・テグジュペリ『夜間飛行』

久しぶりなのは読書をサボっていたと言うだけではなく、時間のかかる本を読んでいたというのもある。サン・テグジュペリといえば『星の王子さま』で、私自身も小学生の時に読んだ本だ。 『星の王子さま』自体はかなり好みの作品だったが、「作者で読む」とい…

畠中恵『えどさがし』

以前「似た雰囲気の話が多くて読んだかどうか忘れてしまう」と書いたしゃばけシリーズであるけど、この本に収められている話は印象深い物が多かった。 ひとつ目は、かっぱの禰々子が主人公となる「太郎君、東へ」。 江戸時代に行われた利根川の大工事は徳川…

畠中恵『ひなこまち』

しゃばけシリーズの……11冊め、か。 2冊めか3冊めが出たころから読んでいるお気に入りのシリーズの一つだ。 基本的にほのぼのとしていて、たまにシリアス、そしてほっこりできる万人向けのシリーズだと思う。ただ問題が一つあって、本のタイトルと表紙がどれ…

三浦しをん『舟を編む』

本屋大賞に選ばれた作品だけあって、読み応えのある非常に面白い作品だった。不器用な男と美しい女のラブストーリーは王道ではあるけれど、それに辞書作りに人生を捧げた男たちというマイナー要素が加わって丁度いい感じに仕上がっている。2016年の夏にノイ…

川村元気『世界から猫が消えたなら』

家猫は古代より鼠から穀物を守るという役割を果たしてきた。 そんな家猫が世界にいなかったとしたら、私達の社会はどうなっていたのだろうか―― ――という本ではない。表紙も題も猫なものだから、てっきり猫が重要なのかと思っていたが、そうではなかったよう…

東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

読み終わってまず、「良く書けている本だなぁ」と思った。 大人気作家の作品に対して「良く書けている」なんて偉そうかもしれないが、そう感じたのだから仕方ない。 悪人だった者がある出来事によって改心する、という題材そのものに目新しさはない。 しかし…