双葉のしおり

読んだ本の感想と紹介をするブログです

2016-12-11から1日間の記事一覧

矢月秀作『もぐら』

ライトノベルから恋愛とファンタジーと若さを引いて暴力をぶち込んだような作品。 舞台は現代だし主人公は刑事をやめたおっさんだけれど、悪党をバッサバッサを倒していく様は爽快感がある……と思う。 喧嘩も強いし、元刑事の知識や人脈も使えるというポジシ…