双葉のしおり

読んだ本の感想と紹介をするブログです

2016-11-05から1日間の記事一覧

道尾秀介『月と蟹』

ヤドカリを神様に見立ててライターで焼き殺すというのはいかにも呪術じみている。 「神様」に対する願い事も、嫌な奴を不幸にしてほしいとかお金がほしいだとか、(最初は)全く大したことのない願いばかり。 小さな生物をなぶり殺しにしておきながら、罪悪…